Tokyo Embassy Choir (TEC)は首都圏在住の外国人と日本人メンバーから成る、東京を代表する国際的な合唱団です。バッハからブロードウェイナンバーまで、幅広いレパートリーで入場無料のコンサートを開催し、その都度さまざまなチャリティーへの募金を行います。

また、TEC選抜メンバーによる室内アンサンブル Tokyo Chamber Singers, が併設され、別途演奏を行っています。

音楽監督スティーブン・モーガンは、大変幅広い素養と経験をもとに、既に20年に亘ってTECを率い、日本の聴衆に新鮮な、質の高い音楽を紹介できることを喜びとしています。

音楽監督

Artistic Director Steven Morgan
Dr.スティーブン・モーガン

スティーブン・モーガンは幼少より半世紀に亘る音楽歴を持ち、指揮者(主に合唱と器楽アンサンブル)とし ては、米国イリノイ州、ミネソタ州、カナダ・ブリティッシュコロンビア州、そして日本で活躍。1995年に来日後 、東京近郊の諸大学で英語と音楽の教鞭を執った後、2014年4月から創価大学ワールドランゲージセンター 及び大学院文学研究科において、国際言語教育専攻の修士コースを指導している。

Dr.モーガンは1998年よりTokyo Embassy Choirの音楽監督・正指揮者として活動。その他にも、東京・聖オル バン教会音楽監督(2001-2010)、東北学院大学客員教授(宗教音楽2007-2008)を歴任、2010年より千葉イ ンターナショナルシンガーズ常任指揮者。2012年にはTokyo International Children’s Choirを発足させ、2014 年まで初代指揮者を務める。また立教大学教会音楽研究所の設立メンバーであり、立教大学大学院キリス ト教学研究科に中核教員として在籍した(2009-2014)。

作曲にも力を注ぎ、以下の代表作がある。「マニフィカート」(2007)、「Sounds of the Winter」(2007)、「イン・ パーチェ~平和のレクイエム」(初演:2011年東京、北米初演:2012年デンヴァー)。2015年4月には米国の 桂冠詩人マーク・ストランドのテキストによる「Seven Last Words」(合唱・独唱・室内管弦楽)がデンヴァーで、 さらに10月には「クラリネットと弦楽合奏のための協奏曲」がニューヨーク市立大学ブルックリン校音楽院で 初演された。

副監督

Assistant Director Masatoshi Takami
高見昌利

高見昌利(たかみまさとし) 兵庫県出身。国際基督教大学(ICU)教養学部在学中に所属したICUグリークラブで合唱音楽に魅せられて、社会人経験をしばらく積んだ後、声楽と合唱指導を学ぶためにアメリカに留学。エンポリア州立大学で声楽を学びながら、在学中に指揮者のテリー・バーラム、キャロル・クリーガーから合唱指導について大きく影響を受けた。その後、イリノイ州立大学大学院に進学し、指揮者キャロル・カールソンから合唱指揮法を学んだ。

一緒に歌うことを通して人と人とが繋がっていくことに魅力を感じ、これまでアメリカ・日本両方で市民合唱団や聖歌隊の指揮や指導にあたっている。エンポリア州立大学在学中に設立し指揮した「サクラクワイア」は、留学生とアメリカ人学生の交流、また地域の国際交流を促したとして、エンポリア市から表彰を受けた。帰国後は英語教師として会社に勤務しながら、東京近郊の中学校の合唱指導にも取り組んでいる。

副監督

Assistant Conductor Kimiko Tsurusaki
津留﨑 公子

津留﨑 公子(つるさき きみこ)  武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。ピアノを坂井玲子、高橋綾子、駒ヶ嶺大三の各氏に師事。在学中より室内楽や声楽の伴奏をする。卒業後は在学中より指導を受けていた田鎖大志郎氏(現横浜国大名誉教授、作曲理論担当)と共に合唱の在り方を模索する。現在川口市民合唱団、合唱団ブルンネン・オアシス、ロビンコーラス、コールリラ他にて伴奏と指導法を研究中。

ピアニスト

Accompanist Mariko Sano
佐野真理子

佐野真理子 東京都出身。深海小夜子、田村安佐子、宇野紀子各氏に師事。

ウィーン国立音楽大学夏期セミナーでピアノ、室内楽を学ぶ。フェリス女学院大学音楽学部器楽学科(ピアノ専攻)を卒業後、声楽伴奏、器楽伴奏などの演奏活動を行う傍ら、1995年より当団専属ピアニスト。